So-net無料ブログ作成
検索選択

ハチビキって、ご存知? [◇雑記帳]

 暑い日でした〜〜。今日は、仕事から帰ってからは、もう何もする気力もなく、ボーッと。スマホで詰やってました。少しでも、下の子の相手になれれば。。と思うのですが、置石してももう、あまり勝てません(笑)
**
本日は生活クラブ生協の「鮮魚パック」の届く日、毎月一回、届くのですが、今回は初お目見えのお魚さんが〜
**
「ハチビキ」っていう名前らしい〜しかも、漁場は「高知」だとか。
IMG_20170623_194308.jpg
実家の母に、いちおう聞いてみようかと電話するも、繋がらず。。この時期はスモモの収穫で忙しいのでしょう。。昔はほとんど夜も寝られなかったみたいだったけど、今もそうなんだろうか。。
**
というわけで、仕方なくネットで検索、すると、「ハチビキ」というのは、「葉血引」もしくは「端物」らしい。姫鯛のことを血引というらしくて、それよりも味が劣るということで、この名前らしいです。
**
お刺身ですが、今回は皮を湯引き。鯛に似ているらしいのですけど、身が弱いらしいので、なるべく皮を剥ぐとかの作業をしたくなかったので。でも、実は湯引きも初めて ^^ ほほ〜。面白い〜〜 ^^ キューっと縮まる皮が、面白いですね〜
**
で、これは上の子が取り分けたお皿を撮影
IMG_20170623_203240.jpg
さばいてる途中でも、結構「血」みたいなのがまな板に落ちてきました。それで「血引」なのかしら〜なんて。違うと思うけど。
で、ウチの家族の評判は。。子供達は高評価、特に上の子は、「うまい、これは鯛より美味しい!!」と絶賛!!私も、かなり美味しいお刺身だと思いました。ところが、魚好きの家人は、「・・・」だったんですよ〜〜。何が嫌かもわからなかったみたいなんだけれど、とにかく、おいしくない、と。うう〜ん、評価が分かれる魚みたいですね。家人は平アジのお刺身のほうが良かったようです。確かに、今日のアジは絶品ではあったのですけれどもね。
**
ちなみに、頭と中骨は、初めてのお魚なので、塩焼きにしてみましたが、こっちは家人にも好評。万人に好まれるには、加熱したほうがいいのかしら。
**
生活クラブ生協をはじめとして、今、全国で、
「普段は食べないし、市場にも出回らないけれども、食べれば美味しいお魚」
を提供しよう、という試みがなされています。
大阪では、そういう魚類を、いわば「目玉」にした回転寿司のお店もある。
とってもいい試みだと思うので、広まって欲しいな〜〜と思います。
**
今回のハチビキは、美味しくいただきました!!
特徴は、白身魚みたいな香りがありつつ、柔らかく、そのためか、全体にネットリしたような食感であること。私は美味しいお刺身だと思いました。

ビワのコンポートとやらに初挑戦!! [◇雑記帳]

 今日は庭関係は撮影なしですが、昨日の豪雨、庭にはさほど影響はなかったようです。新幹線が止まったのは天気の影響ではなかったそうですけど、列島各地、いろいろとあったみたいですね。。政治関連も、いろいろと ^m^
いや、笑い事ではないのかもしれないですけど、私には笑い事に見えます。
**
 まずは、初挑戦のビワのコンポート(というか、シロップ煮だな)。
母が送ってくれたビワ、上の子と私とでせっせと食べてたのですが、月曜から上の子も学校のキャンプで留守、少し人にあげたものの、どうも傷みそうになったので、以前から気になってたビワのシロップ漬けに挑戦!!クックパッドだっけ?あれで検索したら、あっという間に10ぱかり見つかりました。その中で一番材料の少なかったのを参考に、作って見ました。覚書程度に、書いときます。
**
水250cc、砂糖125g、レシピ通りだと、あとレモン果汁が必要だったんですけど、なかったので、我が家に今ある柑橘、河内晩柑を二房、使いました。
ホーローの鍋に、水と砂糖を入れて、ぬるま湯になるくらいに加熱。河内晩柑も、内皮を取って入れました。そこに、皮と種を取ったビワを次々と放り込んでいきました。ビワは空気に触れさせたままだと酸化して茶色になってまずくなるので、その都度、水にひたすようにして。さて、何個入ったのか。。傷んでるのもあったので、そのあたりはかなりシビアに見極めつつ、でしたが、30〜40個ぐらいの感じだったかと。。摘果もほとんどしてないビワだったので、小粒でしたしね。
**
全部入れ終わったら、火にかけて加熱、沸騰したら弱火にしてかすかに沸騰するくらいにして、10分ほど加熱。一応、一回だけアク取りして。あとは、鍋に入れたまま、冷まして、ある程度冷めたら別容器に入れて冷蔵庫に。
**
翌朝、薄切りバナナとヨーグルトに混ぜて。
IMG_20170622_072520.jpg
好評。その日のおやつも、コレになりました ^^ で、もうほとんど残っていません。汁は残りそうなので、ヨーグルトのジュースとか作るときにでも使おうかな。
**
さてさてさて、藤井聡太四段、すごいですね〜〜!!ウチの子供とひとつ違いとは思えない!!将棋云々よりも、あの落ち着きは何〜?!でも、彼も小学生の頃は、負けると大泣きしてたとか。。下の子が行ってる関西棋院でも、幼稚園の子とか、小学1年とかで、すご〜く強い子供たちは、大泣きしてます。一度、自分が思ってたのと違う!!という負け方したら、もう次の対局は無理なくらいの大泣き。。。ああいう子が、将来は強くなるのでしょうかね〜〜
**
加計学園に関する「文書」がいっぱい出てきてますけど、私はあれは(そしてあれがいっぱい外に出てきているのは)文科省官僚の焦りとルサンチマンにすぎない、と思います。そもそも、ここ20数年、文科省がやった改革とやらはすべて失敗、ゆとり教育も破綻、大学改革と称してやったこともすべて上っ面、日本の基礎的学問は危機に瀕してる。あと10年したら、日本人のノーベル賞受賞者はいなくなる、と、研究者たちは本気で思ってますよ。文科省が焦ってるのは、よ〜くわかる。何もできてないもん。幼稚園の無料化もできず、高校の無償化も国としてはできず。で、あっちこっちで何とか名目を保とうと画策し、授業改善と称して、小学校〜大学まで、マークシートのアンケート実施。。親からすれば、こんなのは無意味。マークシートに書けるような「不満」なんて、不満はありません、と言ってるのとそれほど変わらないと思う。文科省の「口実作り」にしか思えないわ〜
**
とにかく、中学校の教科書がひどい!!内容もさることながら、でかすぎます!!どの教科も、A4版で厚さが1.5センチほどもある!!重いのよ。ウチの中学校では、カバンの重さによろめいて階段から落ちてしまって、高校受験直前に足と背骨の一部を骨折した子がいたそうで、先生から、「なるべく、学校に置いておける資料や教科書を、先生がたとも協議中です」とのお話があったぐらい。。官邸がどうのこうの、という前に、実際にこれを担いで毎日登校する子供たちのことを考えて欲しい。教科書検定に、「重量規制」を!!笑い話ではないです、ホント。

ニラ収穫 [☆栽培日記]

 昨日までの暑さとは打って変わって、涼しい朝です。
 ビワはまだあるのですけれども、何となんと〜、実家から一箱、ビワが届きました。「ようこう(字は知らない・陽光、かな?)」という名前のスモモも一箱、合計、2箱。美味しいけど、食べきれるのか??上の子が、せっせと食べてます ^^
**
 三日前になりますが、ニラ収穫。ずいぶん前に、ワサワサし始めたからそろそろ、と思っていたけれど、買った野菜があったり、思わず買ってしまったタケノコを使ったりしてるうちに、収穫しそこねていました。これで3分の2くらいかな。あと少しあります。もやしと一緒に炒め物でいただきました。市販のに比べると、肥料が足りていないからか、柔らかいニラでした。品種もあるのかな??
IMG_20170615_183533.jpg
**
やっと、ミニトマトが色づいてきました。
IMG_20170618_101846.jpg
このミニトマトが先にぐぅ〜っと伸びて実がついたあと、そこにピーマンの苗が伸びてきて、すごいことになってしまいまして。。
IMG_20170618_101900.jpg
もう、何がどう繋がってるんだか、わからないような状態に ^^; お互いが支えあってる感じなので、ピーマンのほうはまだ大きい支柱は使わずにいます。というか、支柱をどう差したらいいのかが既にわからない〜〜 ^^;
だいたい、このミニトマト、実付きが良すぎじゃないかしら。上の写真の枝は、ピーマンに下支えされたのでやっと折れずに保ってるんじゃないのかな。だって、こっちは、
IMG_20170618_101910.jpg
ほら、折れちゃってますよ ^^;
**
パクチー、やっと少し大きくなりました。
IMG_20170618_101920.jpg
この右側にはクレソンが育っていたのですが、ほとんど食べられてしまって、もう無理そうです。。悪者はたぶん、メイガの幼虫。。見つけたらテデトールしてたのですけれども、なんせ小さい小さいのが山ほどいたんでしょうね。。負けちゃいました。右のところに丸く見える葉っぱは、雑草のキュウリグサです、クレソンの葉っぱは、もうありませ〜ん。しかしメイガもやはり、パクチーは苦手と見える ^^
同じく、別のところに撒いてたパセリも消えてしまいました。こっちは犯人もわからずじまいです。

hirumoji.png

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。