So-net無料ブログ作成
検索選択
◇詩・歌 ブログトップ

ハイネ [◇詩・歌]

Aus meinen Tränen sprießen       僕の涙から次々と
Viel blühende Blumen hervor;       満開の花があふれだす。
Und meine Seufzer werden        僕の度重なるため息は
Ein Nachtigallenchor.           ナイチンゲールの歌声。

Und wenn du mich lieb hast, Kindchen,  君が愛してくれるなら、ねえ、
Schenk' ich dir die Blumen all';      涙から生まれたこの花ぜんぶ君にあげる。
Und vor deinem Fenster soll klingen   それから、君の部屋の窓辺には 
Das Lied der Nachtigall.         ナイチンゲールの歌が響くことになるんだよ。
      
(ハイネ「歌の本」  シューマン「詩人の恋」)


一首 [◇詩・歌]

 雨が強い。よく降る。もう春雨ではない。「やはらか」な雨ではない。この歌には遅すぎる季節だが、「薔薇の芽」が「二尺」も伸びているせいか、いつも梅雨頃になると思い出す。

    くれなゐの 二尺伸びたる 薔薇の芽の 針やはらかに春雨の降る  (子規)

絶句 [◇詩・歌]

     江碧鳥逾白
     山青花欲燃
     今春看又過
     何日是帰年     (杜甫)


読み下し文


無題 [◇詩・歌]

   人生を楽しめ、ともしびの輝いているうちに
   薔薇を摘め、枯れてしまう前に

   人は好んで心配したり苦労したりするもの
   イバラを探しまわって見つけるもの
   でもスミレの花には気づかず見過ごす
   私たちの通る道ばたに咲いているというのに
   
   人生を楽しめ、 ともしびの輝いているうちに
   薔薇を摘め、枯れてしまう前に
                          (ドイツ民謡)
◇詩・歌 ブログトップ
hirumoji.png